交換できるくん 快適な住生活を提供したい。幸せを届けたい。業界の常識を打ち破り、新しい道を切り拓く

保守的で不透明な住宅リフォーム業界に革命をもたらした当グループの中核事業。

お客様の声に誠実に向き合い、正直な商売をすればするほど、
業界の常識とは逆の道を歩む形となりました。

例えば、ターゲットとするお客様層。

工事の花形といえば「まるごとリフォーム」や「お風呂・キッチンなどの大型リフォーム」であり、
利益も大きいため、各社とも力を入れて取り組んでいます。
一方で、「トイレ」「蛇口」などの小型リフォームは、(リフォーム会社にとって)利益が小さく、
その割に手間がかかるため、各社は基本的に敬遠します。

例えば、トイレ一つのリフォームであれば、20万円にも満たない場合があります。
そうすると利益が20%あっても、会社側には4万円にしかなりません。
さらに合い見積もりで値引きが必要になれば10%の2万円になる時もあります。
2万円の利益で営業マンが何度もお客様のお宅と会社を往復して、
商品を発注し、外注工事業者に手配をしていると、利益は残りません。

このため必然的に、利益確保のため価格形態を不透明にし、ずさんな工事を行い、
工事中にお客様が断れないことを逆手にとって追加料金を請求する会社が出てきたのです。

業界にとっては小型リフォームであっても、お客様にとっては大切な自宅を任せることに
なりますので、「安心」「信頼」「納得」できる会社にお願いしたい、との希望と不安を当然のごとく
お持ちです。

当社は、このようなお客様の思いに真正面からお応えすべく、
業界の常識としてはうまみがない「小型リフォーム市場」に焦点を絞り、
業界に革命をもたらすビジネスモデルを確立しました。
結果、今日に至るまで、お客様から多数の支持を頂いております。

「交換できるくん」と他のリフォーム会社のビジネスモデルの違い

情報の少ない人は相見積などが少なく、価格や要望も厳しくないため、小規模工事希望でも営業次第で大きな工事にすることができるので、リフォーム業者にとって営業しやすい層と言える。逆に情報量が多い人は、価格や内容にシビアになりがちで、相見積になるケースが多く、判断力が高い。そのため、リフォーム業者が営業しても小さな工事が大きくなることは少なく、この層からの見積り依頼は敬遠する傾向が強い。

参考1:ホームプロプラス「データから見たインターネットリフォーム市場」

参考2:「先進事例が教えるインバウンド・マーケティング成功の鍵、それは自前主義

交換できるくんのターゲット層

交換できるくん
当サービスは上記のリンクサイトよりご利用いただけます。